nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

ウーマン

社会的弱者を助ける人

勉強

私たちの生活する世界には、さまざまな理由で日常生活を送ることが困難な人が沢山います。そのような人たちの生活を総合的に支えるのが社会福祉士です。社会福祉士の業務の対象は、高齢者介護、障害者福祉、生活保護、児童福祉など多岐に渡ります。新潟県でも多くの求人があり、資格を取るための大学も複数あります。

Read More

心理学で日常をよりよく

女性

生活の中で使える心理学

nlpプラクティショナーは資格のひとつです。nlpはもともと、短期間でトラウマを癒すためのセラピーとしてうまれたものですが、脳の取り扱い説明書とも言われ、幅広く利用することができるのです。就nlpプラクティショナーはコミュニケーションとしても、コーチングやカウンセリングにおいても大変有益であり、職や仕事上で、家庭でも、スポーツや医療・看護、経営や恋愛まで、日常の様々な場面で利用することが可能です。nlpプラクティショナーの資格は、実生活で役立てるだけでなく、タイトルにnlpと銘打つことはできませんが、セミナーや研修を開催することができるのです。このように、nlpプラクティショナーは日常で使える心理学として非常に有用なのです。

資格を取るために

nlpプラクティショナーは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略であり、「脳の取扱説明書」とも呼ばれる最先端の心理学です。nlpプラクティショナーではNLPの基本となる考え方やスキルを学びます。日常生活のいろいろな場面で利用することができるのですが、資格を取るためには講座を受ける必要があります。また講座を開催する団体にもよりますが、30万前後の料金がかかるのです。また、1日で終わるものでもないのです。資格を取得することで即効性を求めたり、資格によって就職や転職が有利になるのではないかと思っていたり、資格を取得しても使用しない方は、資格を取る必要があるか、しっかりと確認することが必要です。

言葉のスペシャリストへ

レディー

言語聴覚士は言語機能の回復と促進のリハビリを担当する専門職です。そのため、言語聴覚士になるには、専門の学校をを卒業し、国家試験に合格しなければなりません。学校選びの際には、3年と4年のどちらを選ぶか、合格者をどれだけ輩出しているかを確認しましょう。

Read More

通信教育で資格を取ろう

パティシエ

高校生で製菓衛生師の資格を取ろうと思うのならば、通信教育を利用するのが近道となっています。その学習では資格取得をメインにしているところも多いです。また自宅での実習だけでなく、通学して職人から直接お菓子作りの指導を受けられます。

Read More