言葉のスペシャリストへ|nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

男の人
  1. ホーム
  2. 言葉のスペシャリストへ

言葉のスペシャリストへ

レディー

言語機能回復のサポート

言語聴覚士は、聴覚言語に障害を持つ子供や大人に対し検査を行い、言語機能の発達を促すのと同時に、言語機能回復といったリハビリ専門の職業です。言語の障害を持つ人は様々で、難聴や言葉そのものの発達が遅れている子どもや、失語症など色々な症状があります。言語聴覚士の仕事の内容としては、患者の聞こえの状態を直接機材や問診によって検査します。そして、訓練や治療法を決定し、リハビリに入ります。言語聴覚士は、言語障害児を対象とした教育機関で働くほか、病院で働きますが、言語聴覚士になるには、言語聴覚士の養成課程がある大学、短大、専門学校などの学校にて3年以上学んで受験資格を得る必要があります。そして、言語聴覚士の国家試験に合格して初めて医療機関や福祉施設で働くことが可能になるのです。

資格所得への近道

言語聴覚士になるには、3年の短大および専門学校、もしくは4年の大学を卒業しなければなりません。言語聴覚士の仕事は患者の症状からも範囲が広いのは事実です。どんな患者でも対応できる専門知識と実習経験をより深く行いたいのであれば、4年制を選択するのが一般的です。早く資格を取り、仕事に就きたいという目標があれば、3年制の学校を選択するべきでしょう。学費も3年制のほうが安くなるので、早く現場で働きたい人にはメリットが多いです。言語聴覚士試験の国家試験は合格率が約50パーセントと難関ですので、行きたいと考えている学校では、試験に合格できる授業をしているか、卒業生の合格率はどの程度か確認しておく必要があります。