社会的弱者を助ける人|nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

男の人
  1. ホーム
  2. 社会的弱者を助ける人

社会的弱者を助ける人

勉強

様々な視点で相談に乗る

日々仕事や育児に追われていると、五体満足であること、健康であることを当たり前に思ってしまっているかもしれません。しかし、私たちのすぐ身近には、身体的な障害がある人、精神的な障害がある人、発達に障害がある人など様々な問題を抱えながらも一生懸命生きている人達がいるということを忘れてはいけません。このように、日常生活を送るためにさまざまなサポートの提供や生活の工夫を提案し、障害を持つ人を支える役目を果たしているのが社会福福祉士という職業です。社会福祉士は、病院はもちろん、市町村、地域包括支援センター、社会福祉協議会、各福祉施設などに配置されています。配置されている場所によって対象の方の分野もさまざまです。新潟県でもさまざまな施設に配置されています。

業務内容の特徴

では、具体的に社会福祉士の業務内容にはどのようなものがあるのでしょうか。先にも述べたように対象者はとても幅広く、高齢者介護、障害者支援、生活保護、児童福祉などすべての福祉が対象となっています。それぞれの対象者によって支援する手段は変わってきますが基本的には、まず対象の方や家族からどのようなことで困っているかという話を聞きます。その後、時と場合によりますが、社会福祉士、主治医、看護師、地域の保健師なども交えてどのような支援が必要か、どのようなサービスを利用可能かまたは必要かなどを話し合います。その結果をまとめ、対象の方や家族に提示し、相談の上生活を工夫してみる、またはサービスの利用を開始するといった流れです。社会福祉士は一連の流れの調整役とも言える重要なポジションです。新潟県でもさまざまな場所で社会福祉士の求人が出ています。社会福祉士の資格を取るためには基本的には大学の福祉系の学科卒業後に国家試験に合格しなければなりませんが、新潟県には新潟医療福祉大学などいくつか大学があります。ちなみに、国家試験の合格率は例年低いと言われています。そのため、試験に向けた対策は早めに始める必要があるでしょう。