通信教育で資格を取ろう|nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

nlpでプラクティショナーの資格をゲット|人の心を読む

男の人
  1. ホーム
  2. 通信教育で資格を取ろう

通信教育で資格を取ろう

パティシエ

夢のための資格を取る

パティシエ(パティシエール)になるために製菓衛生師の資格を取ろうと考えている高校生もいるかもしれません。中学卒業であれば、受験できるため高校生でも十分に取得可能です。しかし、もう一つ受験資格が必要で、それは製菓衛生師養成施設で1年以上勉強して技能などの習得しているか、2年以上菓子に関する実務を体験したことがある人です。つまり、いくら知識があっても実技を習得してなければ受験資格を得ることができません。そこで高校生で製菓衛生師を目指す最短の近道は、製菓衛生師養成施設で勉強することです。この施設は通信教育で行っているところもあり、高校生でも通うことが可能となっています。もしも、高校生でこの資格を目指すなら、通信教育を活用するべきです。

資格取得がメインの学習

その製菓の通信教育は、製菓衛生師の資格を目的にしているところも少なくありません。そのため、レポート学習もそこをメインにしていますが、それ以外にも製菓実習のレポートもあります。この製菓実習では実際に家庭で料理を作ってもらい、それを写真を添付して学校に送るわけです。もちろん、レポート学習だけでは本格的な実習はできません。そのためスクーリング(通学)学習も取り入れており、プロの職人から直接講義を受けることができるため、とても参考になります。またその受講生は高校生だけでなく一般社会人や主婦など多彩です。そのため、サラリーマンで「脱サラしてパティシエを目指したい」という人にもオススメの通信教育だと言えます。